2009年01月21日

五曲目です

どうも、s15です。

右のバーのマイミュージックのところですが、再生プレーヤーを変更しました。
なんかIEで見てみると上手く表示されてなかったんですよね、前の。
というわけで、「Easylistener」というものに変更してあります。

配布サイトはここです。

すごくシンプルで動作も軽く、加工できる部分も多いので設置しやすいと思います。
しかも小さい。
使い方は検索してください。私も説明できるほど詳しくないので。

というわけで、久々な自作曲の公開です。
どうぞ。

Lazy Walk


前から半月以上ぶりというこで、全体的に煮詰めてある感じです。
ジャンルは……なんだろ?

私にしては珍しくメロティがはっきりとしてますね。
大体いつもは、「違和感なきゃいいや」ぐらいのテンションでメロディ作ってんですが、そこんとこを追い込んでみた次第です。
その分かなり疲れました……

Claviを使ってみましたが、思った以上に音圧がありますね、この楽器。
他の音が目立たなくなるぐらい主張が激しい音なので調整に苦労しました。

後ろでピヨピヨ、ポコポコと鳴っているリズム音は「VocoderDrum Kit」と「VideoGame Kit」とかいう「FPC」というドラム音源のプリセットです。

「VocoderDrum Kit」は、その名の通りボコーダーの音をサンプリングしたドラム音源です。変な音が楽しめます。
「VideoGame Kit」は、音楽ではなくTVゲームのエフェクト音がサンプリングされたドラム音源です。
ミサイル音とか入ってますが、日本人としてはファミコン的な音がないので微妙です。けど、変な音が楽しめます。

この辺りは、前々から使ってみたいと思っていたのですが、思い切って二つ重ねてみました。
うるさくはなりましたが、意外と違和感ないかな?
音が薄いときにはアクセントに使えなくもないですね。

で。
まあ、前半から中盤はそんな感じでまあ、ポップといえなくもない曲ですが……えーと、後半はハッチャけてます。

プログレ要素のない人が聴いたら首を傾げる曲展開。
もはや別の曲がくっついてる感じです。
プログレというか、ジャムセッションかな?
60〜70年代ぐらいのバンドのライブ音源聴いてると、突然ジャムがはじまってビビりますよね。しかもすごい長い。
なんかそんな感じですかね。

いや、あれなんですよ。
ホントは普通にソロっぽい感じで作ってたんですよ。
だからホントは、後半の展開がもっと短く終わって、もう一度メインのメロディに戻るという展開だったんですよね。

けど、作ってみたら想像以上にダークでダンサブルになっちゃったんですよ。
ドラムパターンはほとんど変えてないんですけどね。スネアとハットの音を増やしたぐらいなんですが。

この後またメインのメロディに戻るのはちょっとなしだろうと自分でも思いまして、しょうがなくそこで無理やり切ったんですよ。

そしたら……なんかもうこれ最後についてる必要ないんじゃない? という曲になってしまったという。

まあ、こういう変な展開が好きな人間なのでかなり気に入ってるんですが。

ただ、ジャムっぽくするのはかなり苦労しました。
繋ぎの部分とか、ドラマーがアドリブ入れてる感じを出そうとベロシティの調整に四苦八苦。
今でも他人が聴いたらどうなのかよくわかりません。

ホントは、さらに思い切って色々音を重ねてみようかなと思ってたんですがね。
これ以上やると全体のバランスが壊れそうだったのでシンプルに収めてみました。

というわけで、気が付けば最長曲となってます。6分とかやりすぎ。
次回はもう少しシンプルな感じで行きたいと思います。

ではでは。
タグ:FL STUDIO
posted by s15 at 20:44 | Comment(1) | TrackBack(0) | 作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
楽しい曲ですね
機械文明というか近未来的な雰囲気があります
ピコピコ音が柔らかめだからかグルーブ感があって自然に体が踊り出してしまう感じ
すげー好きです
Posted by kaCii at 2009年01月22日 22:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/112955633
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。